ヨシ笛の塚本楽器
よし笛のことなら塚本楽器へ! 株式会社 塚本楽器
info@t-gakki.com
ヨシ笛のことなら塚本楽器へ!
トップページ
楽器販売
新商品・セールのご案内
びわ湖ヨシ笛
ツカモトミュージックアカデミー
がんばってまーす
コースのご案内
無料体験/見学・会場案内
お問い合わせ
音楽教室先生募集
会社案内・店舗案内
PTNAコンペとステップ
リンク
びわ湖ヨシ笛
 




TMA発行の新聞「ハーモニー」で紹介した生徒さんを掲載するコーナーです。
ハーモニー170号
馬場さや加さん 八幡センター教室 二胡 
今回は12月のクリスマスコンサートに出演される二胡の生徒さんを紹介します。

安岡由紀子先生:
(以下、先生)
二胡をやっていてどういうところが魅力ですか?
馬場: 何と言ってもその音色です。初めて二胡を聴いた時『なんてキレイな音だろう、私も弾いてみたい!』と感動したのを覚えています。実際に初めて弾いてみるとプロの方が奏でる音色には程遠かったですが、練習を重ねキレイな音色が出せるようになりました。自分が初めて二胡を聴いたときの感動を皆さんにも伝えたいです。
先生: 二胡の練習は楽しいですか?
馬場: 好きな曲や知っている曲を弾けるようになるのはとても楽しく、すぐ誰かに聴いて欲しくなります。難しい曲の練習は少し退屈に感じることもありますが、徐々に弾けるようになると楽しくなってきます。
先生: 発表会など積極的に参加してくださっていて今度のクリスマスコンサートにも出演してくださいますが、発表にどんな意義を感じますか?♪
馬場: 発表会に参加する理由のひとつは「せっかく弾けるようになった曲を誰かに聴いてほしい」という私のワガママです(笑)発表会で皆さんからお褒めの言葉を頂くと、二胡を弾くモチベーションが上がります。そして、もうひとつの理由はもっと多くの人に二胡の素晴らしさを知ってもらいたいからです。

 
ハーモニー169号
大槻美佐子さん 長峰教室 文化箏 
今回は初めてマイステージコンサートに出演される文化箏の生徒さんです。

大原先生:
(以下、先生)
文化箏を始めたきっかけは何ですか?
大槻: 小さいころから箏が好きで興味をずっと持っていたからです。しかし、お箏の手入れが難しいことと、敷居が高く感じたことで習うことを断念してました。ある日、ふと新聞広告を見ていたら、塚本楽器さんの広告に文化箏が載っていて読んでみると、憧れていたお箏の形、持ち運びやすい、調弦も自分で出来る事「これだ!」とすぐ塚本楽器さんに電話し、習い始めました。初級を終えたころから、子育て、仕事に追われ、習い事を断念してしまいました。子供も大きくなり再び文化箏を習いたいという気持ちが膨らみ塚本楽器さんにお世話になっております。
先生: 今回初めてマイステージコンサートに出演されますね。コンサートへの意気込みを聞かせてください。
大槻: 今回発表会で弾く曲「千本桜」は、再び習いたいと思った時に、この曲が弾けるようになることを目標にした曲です。まだまだ通常の速さで弾くことは出来ませんが、中間目標の「発表会で間違わずに弾く」ことが出来るよう頑張ります!!
先生: 努力家の大槻さん。「千本桜」では2パート担当することにチャレンジされてます。憧れの曲をカッコ良く演奏出来るよう、楽しみながらお稽古していきましょう♪

 
ハーモニー168号
林文哉さん(小3) イオン近江八幡教室 ピアノ 
今回は、毎年発表会に参加されている生徒さんです。

今井美保子先生:
(以下、先生)
5歳からレッスンに通われている文哉くん、ピアノを始めようと思ったきっかけは何ですか?
林: よく覚えてないですが、たぶん自分からやりたい!と言ったんだと思います。
先生: いつもプールの後にレッスンに来られてますがいかがですか?
林: プールのテストに合格した日は、ピアノも楽しいです(笑)。
先生: 今年の発表会はどんな曲を弾きますか?
林: 『ドラえもんのうた』です。
先生: 発表会もうすぐですね。楽しみましょうね。毎年発表会に出てくれている文哉くん、将来の夢はありますか?
林: 学校の先生です。
先生: 素敵ですね。これからも夢を大切に、そしてピアノも楽しんでください。

 
ハーモニー167号
畑琉依さん(小3) 水口平和堂教室 ピアノ 
今回は毎年、夏の発表会に出演している生徒さんです。

石塚佳絵先生:
(以下、先生)
ピアノを始めようと思ったきっかけは何ですか?
畑: 3歳の時に両親に勧められて始めました。
先生: ピアノのレッスンはどうですか?
畑: 毎回楽しく弾いています。
先生: それは私もとても嬉しいです。好きな曲、弾いてみたい曲は何ですか?
畑: アラジンの「ホールニューワールド」です。今年の発表会で弾けたらいいなと思っています。
先生: 琉依くんは毎年夏の発表会に出てくれていますね。今年も頑張ろうね。
では最後に将来の夢を聞かせてください。
畑: (少し考えて)この流れでは、「ピアニスト」と言ったほうがいいのかな。。(笑)
先生: いえいえ、無理強いはしませんよ(笑)
畑: じゃあ、遠慮なく(笑) 水泳選手になりたいです。
先生: ほぼ毎日水泳教室に通う高畑琉依くんは、明るく元気でステキな少年です。
これからもレッスン頑張りましょうね。

 
ハーモニー166号
三浦杏里さん・理香さん アルプラザ近江八幡教室 ヴァイオリン 
今回は姉妹でバイオリンレッスンに通われている生徒さんです。

二枝祥子先生:
(以下、先生)
バイオリンを始めようと思ったきっかけは何ですか?
杏理: 小さいときから家でクラシックを聴いていて、千住真理子さんのコンサートを聴きに行ってバイオリンに憧れたからです。
理香: あんちゃんがバイオリンを弾いているのを聴いて、私もやりたいと思いました。
先生: 身近に音楽がある環境って素敵ですね。バイオリンをやっていて良かったことは何ですか?
杏理・理香: おじいちゃん、おばあちゃんのお誕生日にバイオリンでハッピーバースデーを弾いて喜んでもらえたことです。
先生: おじいさま、おばあさまの笑顔が目に浮かびます。ではこれからの目標を聞かせてください。
杏理・理香: いとこの結婚式の披露宴でアンサンブルをすることです。
先生: 心に残る演奏となるように、あんちゃんもりかちゃんも一緒にレッスン頑張りましょうね☆

 
ハーモニー165号
木下創介くん(小1) アルプラザ近江八幡教室 ピアノ 
今回は、毎年発表会に参加され、今年のピティナ・ステップに初めてチャレンジされる生徒さんです。

中尾敦子先生:
(以下、先生)
3歳からレッスンに通われている創介くん、ピアノを始めようと思ったきっかけは何ですか?
父: 私が好きなバンドのCDをよく聴いて歌っていたので、何か楽器をさせてみようと思いました。
先生: なぜピアノだったのですか?
父: 母親がチェロを弾きますので、ピアノのある自宅で一緒に演奏する光景にあこがれがあったからです。
先生: 音楽大好きファミリーですね。では、これから弾いてみたい曲はありますか?
創介: 自分で作った曲を弾いてみたいです。
先生: かっこいいですね!では、今後の目標を教えて下さい。
創介: 曲想をしっかりつけられるようになりたいです。そして将来は、ピアノを造る人になりたいです。
先生: いつもきちんと練習をしてきてくれる創介くん、ますますの成長を楽しみにしています。

 
ハーモニー164号
徳永孝司さん イオン八幡教室 ピアノ 
今回は、来たる10月に開催されます「My Stage Concert」に出演される生徒さんのご紹介です。

中山愛先生:
(以下、先生)
レッスンに通われて11年になる徳永さん、始められたきっかけは何でしたか?
徳永: 娘がピアノを習いたいと言い、一緒に始めることにしました。
先生: 今も親子揃って仲良く通ってくださっていますね。ただ今「My Stage Concert」の出演に向けて取り組まれていますが、目標を教えてください。
徳永: 今回で4回目の出演となります。ミスなく、最後まで弾き切りたいです。目標に向けて、頑張って練習しています。
先生: 本番まであと少し。最後に、出演に向けて共に励んでいる同志へ一言お願いします。
徳永: 「My Stage Concert」はサロン風のコンサートで、気楽に演奏できるのが魅力です。みなさん、一緒に楽しみましょう!

 
ハーモニー163号
河端あみさん(高3) イオン八幡教室 ボイストレーニング 
今回はレッスンを始めて1年になる生徒さんのご紹介です。

今井美保子先生:
(以下、先生)
歌を始めたきっかけは何ですか?
河端: 元々歌うことが大好きで、人を魅了するような歌声になりたいと思ったからです。
先生: ボイストレーニングを始めて1年ですが、今年は夏にTMAミュージックフェスティバル(発表会)にも参加することになりましたね。今の気持ちはどうですか?
河端: 発表会に挑戦するのは初めてで、今から緊張しています。でも発表会を通して多くのことを学びたいと思っています。
先生: これからレッスンで歌いたい曲はありますか?
河端: ゆずの「夏色」を歌ってみたいです。
先生: すごく可愛い素敵な声のあみちゃん。これからも色々な曲にチャレンジして下さいね。

 
ハーモニー162号
赤田真悠さん(小5) 愛知川センター教室 ピアノ 
今回はレッスンを始めて1年になる生徒さんのご紹介です。

波瀬川沙織先生:
(以下、先生)
ピアノを始めたきっかけは何ですか。
赤田: 学校の先生になりたいからです。
先生: ピアノを習い始めて1年。良かったことは何ですか。
赤田: 難しく思っていた曲でも両手で弾けたことが一番嬉しかったです。
先生: 真悠ちゃんは昨年12月クリスマスコンサートでステージデビューしましたが、そこで何か感じられましたか。ベートーヴェンの「トルコ行進曲」を弾いたよね。
赤田: とても緊張したけど、自分のイメージ通りにピアノで音が出せて嬉しかったです。また参加したいです!
先生: 今、レッスンでジブリの曲にも挑戦してくれていますが、他にこれから弾きたい曲はありますか。
赤田: 「R.Y.U.S.E.I」や「銀河鉄道999」など、三代目JSBの曲を弾いてみたいです。
先生: 真悠ちゃんの明るい笑顔から、いつも元気をもらっています。これからもピアノを通じた成長を楽しみにしています!

 
ハーモニー161号
輿石麻耶さん(小5) 八幡センター教室 ピアノ 
今回は、12月のクリスマスコンサートに出演された生徒さんのご紹介です。

中川真由美先生:
(以下、先生)
ピアノを始めたきっかけはなんですか?
輿石: 幼稚園の先生になりたいからです。
先生: 3年生の頃から将来のことを考えていて凄いね!では、発表会やグレードテスト、クリスマスコンサートなど、何事にも積極的に参加してくれていますが、参加する理由などはありますか?
輿石: 上手になりたいから、色々な人の前で弾こうと思っています。
先生: 素晴らしい!クリスマスコンサートにも参加してくれますが、何の曲を弾きますか?
輿石: 人魚の歌です。
先生: これから弾きたい曲はありますか?
輿石: 例えば、星野源さんの「恋」など、みんなが知っているJ-POPの曲も弾いてみたいです!
先生: また、J-POPにも挑戦しようね。色々な曲が弾けるように、これからも練習を頑張っていきましょう!

 
ハーモニー160号
河村菜子さん 愛知川センター教室 二胡 
今回は、10月に開催しました大人の発表会「My Stage Concert」に出演された生徒さんです。

安岡由紀子先生:
(以下、先生)
二胡の楽しさをどんな時に感じますか?
河村: 二胡とは運命の出会いみたいなものなので、すべてです。辛かろうが泣こうが、その先に目指すものがあるなら痛いのも楽しいです(笑)
先生: 二胡の習得で苦労しているのはどんなことですか?
河村: 音感がないので、正しい音程をとることに苦労しています。今年からはソルフェージュも習って音感を鍛えています。
先生: 今後の目標は?
河村: 技術面をきっちり身につけつつ、表現力もつけていきたいです。そして頭の中にある、あの楽器と合わせたいとか、あそこで弾きたいという思いつきを実現していきたいです。

 
ハーモニー159号
奥桃奈実さん(小3) 祇王明照保育園教室 ピアノ 
今回は、毎年発表会に積極的に参加されている生徒さんです。

濱田江里子先生:
(以下、先生)
今年の発表会は、何の曲を弾かれましたか?
奥: AIさんの「みんながみんな英雄」です。
先生: 自ら選んでくれた曲でしたが、どうしてこの曲を選ばれましたか?
奥: 元気が出る大好きな曲だからです。
先生: 私も、いつも明るく元気なもなちゃんにピッタリな曲だと思いました!発表会で弾いてみて、いかがでしたか?
奥: 間違えてしまったけれど、今まで自分なりに頑張って練習してきたので楽しんで弾けました!
先生: 今後の目標を教えて下さい。
奥: もっと難しい曲にも挑戦したいので、発表会で上手に弾けるように練習を頑張りたいです!

 
ハーモニー158号
久保さや佳さん(中1) 八幡センター教室 ボイストレーニング 
今回はボイストレーニングを頑張っておられる生徒さんです。

澤井佐希子先生:
(以下、先生)
歌を始めようと思ったきっかけはなんですか?
久保: 歌は好きでしたが、友達に下手と言われたので、上手くなりたいと思いました。
先生: これから歌ってみたい曲はなんですか?
久保: 奥華子さんの「変わらないもの」です。
先生: 歌をやっていてよかったと思う時はどんな時ですか?
久保: 音楽の授業で、声を出すのが楽になりました。

 
ハーモニー157号
田中心陽さん(小1) 愛知川センター教室 ヴァイオリン 
レッスンを始めて5ヵ月が経ちました。
楽器を上手に持てるようになり、しっかりとした音が出せるようになってきましたね。
日頃の練習の成果がレッスンで発揮されていて、順調に進んでいます。

岡田真里先生:
(以下、先生)
ヴァイオリンを始めようと思ったきっかけは何ですか。
母: アニメ・プリキュアを見ていて、ヴァイオリンを演奏する女の子を見て興味を持ち始めました。
先生: 日頃はどのように練習をしていますか。
母: まだ一人で練習をすることは難しいので、私や主人も一緒にやっています。
娘に演奏の仕方を教えてもらいながら実際に弾いてみて、親子で楽しく練習を進めています。
先生: 現在の目標は何ですか。
心陽: プリキュアの女の子のように、たくさんの人の前で演奏できるようになりたいです。

 
ハーモニー156号
岡真歩さん(小1)・心春さん(小5) 祇王明照保育園教室 ピアノ 
今回は、毎週仲良く一緒にレッスンに来られる、真歩ちゃんと心春ちゃん姉妹です。

青木園枝先生:
(以下、先生)
ピアノを習っていて良かったと思う時はどんな時ですか。
真歩: 音楽会でピアニカが上手にできた時です。
心春: 音楽会で鍵盤楽器が上手く弾けた時です。
先生: 弾いてみたい曲はどんな曲ですか。
真歩: 「名探偵コナン」のテーマ曲です。
心春: 「ひまわりの約束」です。
先生: 今後の目標は何ですか。
真歩: 今年の発表会です。
心春: グレードテストを受験して、上の級に合格することです。
先生: 今年も目標に向かって練習し、どんどん上達して下さいね。

 
ハーモニー155号
寺田啓介さん 八幡センター教室 フルート 
今回はバンドを組んでアンサンブルを積極的にされている寺田さんにお話を伺いました。

田中美沙稀先生:
(以下、先生)
フルートを習い始めたきっかけを教えてください。
寺田: 10年ほど前に会社の同僚とジャズバンドを作ったのをきっかけにフルートを始め、その後いくつかの演奏会に行った時に、フルートの美しい音色に魅了され、さらに別のクラッシックを演奏するバンドをつくり、自分でも美しい音色でクラッシックも演奏したいと思ったことがきっかけです。
先生: 今レッスンで頑張っていることなどはありますか?
寺田: 高く澄んだ音を楽にだせるようにすることや、難しい指使いがたくさんある曲でもスムーズに吹けるように何度も繰り返し練習し、様々な基礎的な練習をして曲に生かせるように頑張っています。
先生: 今後の目標やどのような演奏をしたいと思っていますか?
寺田: アンサンブルのレパートリーを増やしてしていきたいですね。
アンサンブルをするとなると3人で合わせることが難しいのですが、曲の雰囲気、感じがより深く掴めて一人で演奏するときよりもずっと楽しく演奏が出来ます。
クラシックを中心にこれからもアンサンブルを楽しんで行くことと同時に、ジャズの曲でもアドリブが自由に吹けるよう練習を重ねていきたいと思っています。
先生: レッスンでもピアノとの演奏を頑張っている寺田さん。
これからも楽しく一緒にレッスン、演奏頑張っていきましょう!!

 
ハーモニー154号
池本加奈さん 丸善能登川教室 サックス 
今回はサックスを始めて1年半の池本さんにお話を伺いましました。

松尾文音先生:
(以下、先生)
サックスを習い始めたきっかけを教えて下さい。
池本: 元々音楽が大好きで、学生の時からサックスに興味を持っていたのがきっかけです。
また腹式呼吸をすると健康に良いと聞いた事もあり、レッスンに通おうと思いました。
先生: 今レッスンで頑張っていることは何ですか?
池本: 腹式呼吸を使ってしっかり息を吸って吐く事と指の動きに気をつけて頑張っています。
音も安定してきて楽しく吹けるようになってきたので、色んな曲をより良く吹けるように頑張っています。
先生: 今後の目標を教えて下さい。
池本: 会社に40〜70代の音楽仲間がいる事を知ったので、その仲間と一緒に年1回会社で行われるイベントで演奏を披露したいと思っています。
先生: レッスンを重ねるごとに良い音色になっていく池本さん。
これからも楽しくレッスンしていきましょう!

 
ハーモニー153号
杉本真依子さん(小6) 八幡センター教室 フルート 
今回は発表会など様々なイベントに積極的に参加されているフルートの生徒さんです。

中川真由美先生:
(以下、先生)
フルートを始めたきっかけを教えてください。
杉本: お兄ちゃんの吹奏楽コンクールを聴きに行ったときに、フルートパートにソロがたくさんあり、かっこいいと思ったからです。
先生: フルートを吹いていて楽しいときはありますか?
杉本: 発表会やクリスマスコンサートなど、お客さんの前でフルートを吹いているときが楽しいです。
先生: 素晴らしいですね!
今年の発表会も参加してくれますが、何を吹きますか?
杉本: 「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」です。
先生: 発表会の目標を教えてください。
杉本: 昨年の発表会よりも、綺麗な音で、すらすらとなめらかに吹きたいです。
先生: 目標に向かって頑張りましょう!
まいちゃんの演奏を楽しみにしています。

 
ハーモニー152号
川村瑠美さん(小2) 老蘇教室 ピアノ 
レッスンを始めて3年。
今年、スプリングコンサートの出演と、グレードテストにも初めて挑戦された生徒さんです。

大原麻衣先生:
(以下、先生)
ピアノを習い始めたきっかけは?
川村: テレビや園の先生を見て上手に弾いてみたかったからです。
先生: 弾いてみたい曲は何ですか?
川村: エリーゼのためにです。
先生: 初めてのグレードテストはどうでしたか?
川村: 緊張したけれど頑張ることができました。また、挑戦したいです。
先生: 頑張りやさんの瑠美ちゃん。
コンサートとグレードの曲の数曲を同時に仕上げるのは大変だったけど、よく頑張ったね。
発表会でも素敵な演奏が聞けるのを楽しみにしています♪

 
ハーモニー151号
富樫るりさん(小2) 守山平和堂教室 ピアノ 
今回は、先月行われたグレードテストに初挑戦され、また発表会にも積極的に参加されている生徒さんです。

吉本真紀子先生:
(以下、先生)
ピアノを始めたきっかけを教えて下さい。
富樫: 友達がピアノを習っていて上手だったからです。
先生: ピアノを習っていて良かったと思う時はどんな時ですか。
富樫: 学校の音楽の授業でピアニカを簡単にできた時です。
先生: 弾いてみたい曲はありますか。
富樫: 「エリーゼのために」です。
先生: 今後の目標は?
富樫: 人前で弾くことにどんどん挑戦したいです。
難しい曲や苦手な曲でも弾けたら嬉しくなるから頑張れます!
先生: いつもたくさん練習をして、どんどん上手になるるりちゃん!
これからも楽しく演奏してくれたら嬉しいです。

 
ハーモニー150号
小森好子さん 八幡センター教室 ボイス& よし笛 
いつも明るく元気な小森さん。
大人の発表会の曲はお互い意見を出し合って仕上げました。
今はクリスマスコンサートに向けて頑張っています。
素敵な曲になるように練習しましょうね。

橋知恵先生:
(以下、先生)
ボイストレーニングを始められたきっかけは?
小森: 歌う事が苦手なので音程よく歌えるようになるためと、よし笛は複式呼吸が重要なので息のコントロールができるようになるためです。
先生: 目標とする曲は?
小森: よし笛の演奏で、ジャンルは問わず好きな曲に挑戦してみたいです。未定ですがピアノ弾き語りと、よし笛のピアノ伴奏です。
先生: 大人の発表会はどうでしたか?
小森: 多くの方によし笛の音色を聴いて頂き、「良かったよ!」と声をかけて下さって大変嬉しかったです。
今回は手書きの譜面作りからソロ演奏、それにピアノの生伴奏と、全て初めての事でちょっと大変でした。
何より、よし笛の演奏を引き立てる伴奏をして下さった高橋先生に感謝の一言です。
先生: クリスマスコンサートの意気込みを!
小森: 素敵な演奏ができるように、高橋先生の伴奏を楽しみに練習しています。是非とも聴いて下さい。

 
ハーモニー149号
樋口享子さん イオン近江八幡教室 ピアノ 
今回は来たる11月9日に開催されるピティナ・ピアノステップに出演される生徒さんにお伺いしました。

中山愛先生:
(以下、先生)
いつもピアノに熱心な樋口さん、レッスン歴8年目ですが、始められたきっかけは何でしたか?
樋口: クラシック曲が弾けるようになりたいと思ったからです。
先生: PTNAステップにも積極的にチャレンジされていますね。
今年で何回目の出演になりますか?
樋口: 5回目です。自分の演奏に対しての講評がもらえるので、日頃の練習にも役立てています。
また他の出演者の方の演奏が聴けるので、とても勉強になりますね。
先生: 年々出演するレベルも上がってきました。
今後の目標を教えてください。
樋口: 仲間との出会いを大切に楽しく続けていきたいです。
連弾にも挑戦してみたいです。

 

ハーモニー148号
福井のえさん(中2) 丸善能登川教室 アルトサックス 
今回は昨年秋から習い始め、色々なジャンルの曲に挑戦している生徒さんです。

松尾先生:
(以下、先生)
サックスを習おうと思ったきっかけを教えてください。
福井: 映画の「スウィングガールズ」を見てサックスがすごくかっこよくて楽しそうだったから私も吹いてみたいと思いました。
先生: サックスの楽しいところは?
福井: 音がすごく響いてすごく気持ちがいいのと、サックスでジャズを吹くと、すごくかっこよく吹けることが楽しいです。
先生: かっこいいアドリブも段々入れられるようになりましたね!今後の目標を教えてください。
福井: 低い「シ」の音を吹けるようにすることと複式呼吸を意識して、キレイな音を鳴らせられるように日々、努力していきたいです。
先生: レッスンを始めてから8ヶ月ですが、上達が早くてたくさんの曲が吹けるようになりました。今後は難しいメロディーやリズムも格好良く吹けるようにチャレンジしていきましょう!

 

ハーモニー147号
吉澤星那さん(小6) 愛知川センター教室 ドラム 
今回は発表会など意欲的に参加しているドラムの生徒様です。

岡先生:
(以下、先生)
ドラムを始められたきっかけを教えて下さい。
吉澤: 音楽番組で、ドラムをかっこよくたたいたり、楽しそうにたたいたりしているのを見ていて、とても面白そうだったのでやってみたいと思いました。
先生: 実際に習ってみて、どうでしたか?
吉澤: 今のところは特に「難しい」というリズムもなく、楽しくレッスンしています。自分自身にけっこう才能があったかも!?
先生: そうですね。いつも何の曲でもなんなくこなしているので、すごいなあと感心しています。ドラムは楽しいですか?
吉澤: テレビでみていた以上に楽しいです。
先生: 今後の目標を教えて下さい。
吉澤: たくさん練習して、もっと上手になりたいです。できたら、プロデビューしたいと思っています。
先生: プロデビューへの道は簡単ではないと思いますが、ぜひ目指してほしいですね。これからも素晴らしいドラムプレイを見せて下さい!

 

ハーモニー146号
門田なつ江・川島静枝・長田芳枝さん イオン八幡教室 大正琴 
今回は大正琴の生徒様です。
3人で楽しくレッスンをして6年目になりました。

神山先生:
(以下、神山)
大正琴を始められたきっかけを教えて下さい。
門田: 習っておられる方に、演奏会に誘われたのが初めです。
川島: 大阪での「琴修会大正琴の集い」や、ホテルでの演奏会、先生のコンサート等に寄せて頂き良かったからです。
長田: 演奏を聴いて、ぜひ私たちも弾いてみたい!と思ったので、習い始めました。
神山: 実際習ってみて、どんな感じですか?
門田: 思っていたより難しかったです。
川島: もっと簡単に弾けるかなあ…と(笑)
長田: 色々難しい曲にもチャレンジしているので大変ですが、「次は…」と欲が出て、早6年が経ちました。
神山: 3人の目標を教えて下さい。
3人: 人前で弾くのは緊張してドキドキですが、身近な目標があるとがんばれます。
これからも、いろんなことにチャレンジしていくことが今の目標です。
神山: 昨年の大阪梅田芸術劇場の全国大会など、大きなステージから地元の発表会まで人前にどんどん出て自信をつけて下さい。
楽しみに、そして応援しています。

 

ハーモニー145号
古株治美・細居悦子・北川智恵子さん 八幡センター教室 文化箏 
いつも仲良し3人組で毎回和気あいあいと楽しくレッスンされています。

大原先生:
(以下、先生)
文化箏を習おうと思ったきっかけは何ですか?
古株: 私たち3人はもともと仲良しで、3人とも同じタイミングで子育てが一段落した時に、3人で何かしたいねと話していたんです。
細居: そのときに古株さんがお箏をしたいと言ったんです。
たまたま近所で、お箏より手頃な「文化箏」があると聞いて、体験に行くことになりました。
北川: 実際体験してみたら、お箏らしい音色でとても素敵でいいね!と3人とも思ったので、習おうと決めました。
先生: 文化箏の楽しいところは何ですか?
古株: うまく弾けると優雅な気分になれ、日常を少し忘れます。
その一瞬が幸せです。
細居: 練習日は練習だけでなく、和やかな会話を愉しんでいます。
北川: 新しく練習した曲ができるようになると嬉しいです。
先生: 今後の目標を教えて下さい。
古株: 少しずつ難しい曲にチャレンジしていきたいです。
細居: 80歳まで続けることです。
北川: 発表の場を増やすことです。
先生: 発表会などに積極的に参加されていて、私もいつも一緒に楽しませてもらっています。
いよいよ間近にせまってきた「西日本文化箏フェスティバル」に向けて、頑張っていきましょう。

 

ハーモニー144号
三浦杏里(小1)さん アル・プラザ八幡教室 ヴァイオリン 
3歳からヴァイオリンを始め、毎年発表会や合奏にチャレンジしている杏里ちゃんに聞きました。

生田先生:
(以下、先生)
ヴァイオリンを始めたきっかけを教えて下さい。
杏理: ヴァイオリニストの千住真理子さんや葉加瀬太郎さんに憧れて、CDを聴いているうちにヴァイオリンの音が大好きになりました。
先生: ご家族の方も好きで、お家でCDが流れているそうですね。素敵です。
実際ヴァイオリンを始めてみてどうですか?
杏理: 音符を読むのがちょっぴり苦手ですが、TVで流れている曲も耳コピで弾けるようになりました。
毎年家族の誕生日会で「ハッピーバースディ」の曲を演奏しています。
先生: それは盛り上がりますね。
今年の発表会では「カノン」を弾いてくれましたが、今後挑戦してみたい曲はありますか?
杏理: ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」です!!
そしていつか妹と一緒に「カノン」のアンサンブルができたらいいなぁ。
先生: かっこいい曲なのでみんなの憧れですよね。
ではその目標に向かってこれからも元気いっぱいにレッスンしていきましょうね。

 

ハーモニー143号
松浦心美(左・小3)・愛(右・小1)さん アピア教室 ピアノ 
いつも一緒に笑顔でレッスンへ来てくれる仲良し姉妹の心美ちゃん、愛ちゃん。
毎年発表会へ出演してくれるがんばりやさんです。
そんな二人に聞いてみました。

藤井先生:
(以下、先生)
発表会では何を弾きますか?
心美: 「人形の夢と目覚め」です。
愛: 「山の音楽家」です。
先生: なぜこの曲になりましたか?
心美: 先生にどんな曲が弾きたいか聞かれたときに「この曲がいい!」と考えていました。
愛: 最初は「ドラえもんのうた」がいいと思っていましたが、手が小さいので先生と相談して「山の音楽家」に決めました。
先生: 二人とも仕上げに向けて猛練習中です。
そんな仲良し姉妹の将来の夢は何ですか?
心美: ピアニストです。
愛: ケーキ屋さんです。
先生: 二人とも夢がかなうといいですね。
「未来のラベック姉妹(有名な姉妹のピアニスト)」なんて、私も夢を膨らませてしまいます。
これからもずっと仲良くピアノを弾き続けて下さい。

 

ハーモニー142号
峯 美紀さん アル・プラザ近江八幡教室 ピアノ 
現在、ピアノを習い始めて13年目に突入した峯さんですが、毎回練習をがんばってこられて、楽しくレッスンにはげんでおられます。

高田先生:
(以下、先生)
峯さんはたくさんの曲をレッスンで弾いてこられましたが、特に思い出に残っている曲はありますか?
峯: はい、ショパンのノクターンです。
アレンジバージョンは弾いたことがあったのですが、本当の譜面にはとても苦労しました。
先生: そうですね。
ですが、とても完成度が高くすばらしかったです。
次に挑戦したい曲は何ですか?
峯: 渚のアデリーヌです。
この曲もリズムが難しく速いパッセージが特徴なので、がんばりたいです。
先生: 今後も色々な曲に挑戦して、楽しくピアノを弾いていきましょう。

 

ハーモニー141号
氏本 充さん アクア21教室 ピアノ 
ピアノを始められて4年、お仕事も働き盛りでお忙しい中レッスンに来てがんばっておられる氏本さんです。

山本先生:
(以下、先生)
ピアノ始めようと思われたきっかけを教えてください。
氏本: 音楽が好きなので、何か音楽にまつわる楽しい趣味を持ちたいと思ったからです。
先生: お仕事もお忙しいとお聞きしていますが、仕事をしながら趣味も続けていくことは大変ではないですか?
氏本: あまり練習ができないのでレッスンで大変な面はありますが、ピアノが弾ける、ということに魅力を持っているので、上達していろんな曲が弾きたい!という気持ちが出てきます。
なので、仕事が忙しく練習ができなくても、自分のペースで気軽に通えているから続けられます。
先生: ピアノを続けていて、よかったことはありますか?
氏本: 20年、30年たった頃に、やっていてよかったと達成感を持てるよう、これからもピアノを続けて上達していきたいです。
先生: 今後の目標を教えて下さい。
氏本: おじいちゃんになってもピアノを弾き続けられるようがんばることです。
ピアノを上手に弾くおじいちゃんになることが目標です。

 

ハーモニー140号
巴山 舞さん(中1) 三雲教室 ドリマトーン 
現在、「2012TMAクリスマス☆コンサートinアクア21」に向けてレッスンにはげんでいる舞ちゃんです。
とても意欲的で、夏の「2012TMAミュージックフェスティバル」にも出演され、来春にはグレードテストも受験予定です。

山中先生:
(以下、先生)
この「クリスマスコンサート」で演奏する曲を教えて下さい。
巴山: ミワの「ヒカリへ」です。
先生: なぜ、この曲を選んだのですか?
巴山: この曲が主題歌のTVドラマ「リッチマン、プアウーマン」が好きだからです。
先生: 来春にはグレードテストを受験予定ですが、受験曲の選考は進んでいますか?
巴山: まだです。
今は「クリスマスコンサート」に向けてがんばっています。
先生: いろいろなコンサートやテストに積極的に参加されていますが、中学校の勉強や部活もあるのでドリマトーンの練習は大変じゃないですか?
巴山: 学校から帰ってくるのが、6時を回ります。
バレーボール部に所属しているので、帰ってきたらクタクタですが、がんばって練習しています。
先生: これから、どんな曲に挑戦したいですか?
巴山: ドリマトーンを習いたいと思ったきっかけはテレビで演奏しているのを見たからです。
いろんな音色が出せる電子オルガンを使って楽しく演奏してコンサート会場のお客さんたちが盛り上がるような曲を弾きたいです。
先生: 目標に向かってこれからもレッスンがんばっていきましょうね。

 

ハーモニー139号
中谷美友さん(小3) 守山平和堂教室 ピアノ 
ピアノが大好きで練習も欠かしません。
また、音楽性もある美友ちゃんです。
毎年、発表会やピティナステップにも、積極的に参加しています。
只今、ピティナステップに向けて練習中です。

山田先生:
(以下、山田)
ステップ(級)を教えて下さい。
中谷: 基礎ステップ4です。
山田: 課題曲と自由曲は何ですか?
中谷: 課題曲は「時のおどり」で、自由曲は「トルコ行進曲(ベートーベン作曲)」です。
山田: それぞれどのような曲ですか?
中谷: 「時のおどり」は、元気でみんなが踊っているような曲です。
「トルコ行進曲」は、軽やかで楽しい曲です。
山田: 2曲とも、弾いているだけでなく聴いていても踊り出したくなるような楽しい曲で、かわいらしい美友ちゃんにピッタリです。
では、今回の目標を教えて下さい。
中谷: 歌っているように、楽しく元気に弾きたいです。しっかり練習して、合格できるようにがんばります。
山田: 歌っているように弾くというのは、どんな曲でも大切なことですね。
一緒に11月へ向けてがんばろうね。

 

ハーモニー138号
月本由希さん 守山平和堂教室 ピアノ 
今回は、長年習われている大人の生徒様にうかがいました。

小關先生:
(以下、小關)
由希さんは、小学生の頃からピアノを習われていますが、続けていて良かったなと思う事を教えて下さい。
月本: ピアノが自分をアピールする道具になったことです。
私は、大学生の頃に留学したことがありますが、人見知りだった私にとって他国の人と仲を深めるのは簡単な事ではありませんでした。しかし、ピアノが弾けるということで相手との距離を縮めることが出来ました。
小關: 自分を表現できるものがあるのは、とても素敵なことですね。では、ピアノの好きなところはどこですか?
月本: 老若男女、様々な国の人に楽しんでもらえるものだということです。音楽自体、あらゆる人が共有・共感することが出来ます。一つのことで多くの人が楽しめるというのは素敵だと思います。特にピアノは私にとって身近な楽器であり、趣味の一つとして楽しんでいます。
小關: 最後に、今後チャレンジしてみたい曲を教えて下さい。
月本: いろいろな時代の曲を弾いてみたいです。また、クラシックに留まらず様々なジャンルの曲に挑戦したいと思っています。
小關: いろいろなジャンルの曲が弾けると、表現の幅も広がります。
これからも一緒に頑張りましょう。

 

ハーモニー137号
椙江優衣さん(小6) アル・プラザ近江八幡教室 ヴァイオリン 
今回は、「ヴァイオリン」を習われている生徒様にうかがいました。

生田先生:
(以下、生田)
毎年発表会も弦楽アンサンブルも積極的に参加してくれる頑張り屋さんの優衣ちゃん、ヴァイオリンを始めようと思ったきっかけを教えてください。
椙江: オーケストラのヴァイオリン演奏を観て、音色や表現の仕方がかっこよかったので習いたいと思いました。
生田: 様々な音色が出せる楽器ですね。ヴァイオリンの難しい所、好きな所を教えてください。
椙江: 音程の取り方、そしてヴィブラートは左手を震わせながら音やリズムをとるのが難しいです。大好きな所は数人で合奏するだけでもオーケストラの中で弾いている気分になれる所です。
生田: みんなで演奏すると迫力があって楽しいですよね。では今後ソロで挑戦してみたい曲はありますか?
椙江: 私の一番元気が出る「アメリカンパトロール」を弾いてみたいです。そしていつかG線だけで「G線上のアリア」に挑戦してみたいです。
生田: おー!高い目標ですね。これからも色々な音楽に出会って成長していってほしいと思います。

 

ハーモニー136号
森はつ菜さん(4年目) アクア21教室 ピアノ 
今回はピアノを始められてもうすぐ4年。昨年からは音楽の基礎能力を身につけるソルフェージュも始められた森さんに、音楽の楽しさを伺いました。

中山先生:
(以下、中山)
ピアノにとても熱心に取り組まれている森さん、ソルフェージュを始めようと思われたきっかけを教えてください。
森: 音楽の本を読んでいてソルフェージュというものを知り、興味を持ったからです。
中山: ピアノを演奏する上でも、ソルフェージュはとても役に立ちますからね。音楽をいろんな角度からとらえられるようになってきました。
森: 音楽の基礎が少しずつわかってきました。そのおかげで、ピアノも難しい曲がだんだん弾けるようになってきて、楽しいです。
中山: これからチャレンジしてみたい曲はありますか?
森: ブラームス作曲「2つのラプソディー」の第2番です。今はまだ難しいと思いますが、いつか弾いてみたいです。
中山: 最後に、森さんのように大人になってからピアノを始められた生徒さんも多いですが、同志に一言メッセージをどうぞ!
森: ステージでは失敗することもありますが、経験を重ねて、共に音楽の楽しさを実感していきましょう!!

 

ハーモニー135号
村西英代さん(4年目) 秦川愛児園教室 大人のピアノ 
毎年イオンのTMAコンサートに参加され、レッスンも意欲的に頑張っておられます。

古株先生:
(以下、古株)
村西さんはお仕事や家事もされながら、日々の練習、毎回のレッスンも頑張っておられます。
ピアノを習おうと思ったきっかけを教えて下さい。
村西: 高校生の娘が習っていたのですが、学業との両立が難しくなり通えなくなったので、私が習おうと思いました。
古株: 娘さんも頑張っておられましたが、次はそのお母さんとレッスンをさせて頂くということで、私も嬉しく思っています。
今弾かれているブルグミュラーの曲集(25の練習曲)は難しい曲もありますが、どうですか?
村西: 難しく、一曲仕上げるのに時間がかかりますが、曲集の終わりまで続ける意欲を持ち続けたいです。
古株: そうですね。
素敵な曲もたくさんありますので、焦らず村西さんのペースで頑張って下さいね。
今後弾いてみたい曲はありますか。
村西: サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」をいつか弾き語りしたいです。
古株: ピアノがとても綺麗で壮大なイメージの曲ですね。
いつかぜひ演奏して下さいね!
今年のコンサートでの目標を教えて下さい。
村西: とても緊張しますが、本番でミスすることなく弾き終わりたいです。
古株: 「譜面を実際にピアノで表すのはとても大変なことですが、その後の曲が仕上がっていく喜びは何事にも代え難いものがあります。」と語る村西さん。
その喜びをこれからももっと味わってもらえたらなあと思っています。

 

ハーモニー134号
永田真彩さん(6才)・永田新奈さん(4才) 愛知川センター教室 ピアノ 
発表会もぶじ終了し、次はPTNA・ピアノステップに向けてがんばっている真彩ちゃんと、真彩ちゃんのステージにあこがれてピアノを習い始めた新奈ちゃんです。

松本麻理子先生:
(以下、松本) 
PTNA・ピアノステップの参加は
何回目ですか?
真彩: 2回目です。
松本: 何級を受けますか?
真彩: 導入3です。
松本: 弾く曲は何ですか?
真彩: 「はしれきかんしゃ」と「ヘイ!おどりましょう」です。
松本: どのように演奏したいですか?
真彩: 「はしれきかんしゃ」はポッポーのところを元気に、「ヘイ!おどりましょう」は楽しく弾きたいです。
松本: 新奈ちゃんも大きくなったら、ステップに参加したいですか?
新奈: 5才になったらお姉ちゃんみたいに参加したいです。
松本: ピアノ大好き♪お話大好き♪な二人のレッスンはとっても楽しいです。本番に向けて、また次のステージに向けてがんばっていきましょうね。

 

ハーモニー133号
谷田紗姫乃さん(小2) 八幡センター教室 ピアノ 
いつもたくさん練習に励んで笑顔でレッスンに来てくれるさぁーちゃん!発表会にも毎年せっきょくてきに取組んでくれます。

山田舞先生:
(以下、山田) 
今年の演奏曲目は何ですか?

谷田: 今年は、「メヌエット・ト長調」を弾きます。きれいな曲で大好きです。
山田: みんなも大好きで有名な曲で知られていますが、弾いてみてどんなふうに感じましたか?
谷田: はじめ弾いてみて、速く指を動かす所(トリル)があったのでむずかしかったのですが、きれいな音が重なり合う、すてきな曲だと感じました。
山田: トリルのバージョンは少しむずかしいね。
あせらずに弾くのがポイントですよ。
では、さいごに発表会での演奏の目標を教えて下さい。
谷田: 速く弾く所(トリル)を、丁寧に間違えずに弾きたいです。
そして、楽しく練習を頑張りたいです。
山田: いい目標ですね。
発表会まであと少しこのままの調子でがんばろうね!先生も応援しています。

 

ハーモニー132号
山本純子さん・小林義和さん 愛知川センター教室 ボイストレーニング 

左:小林義和さん 右:山本純子さん
小林さんと山本さんはお二人でボイストレーニング(以下ボイトレ)を続けておられ、山本さんは数年前からピアノも習われています。

高橋知恵先生:
(以下、高橋)
お二人が習おうと思ったきっかけは何ですか?
山本: ボイトレはミーシャやセリーヌディオンのように上手く歌えるようになりたかったからです。
小林: この声は女の人!と思われるような声と、またハスキーな男らしい声を使い分け、顔が見えなかったら二人の人が歌っているように思われるように歌いたかったからです。
高橋: 歌う人なら、ミーシャやセリーヌディオンに憧れる気持ちは分かります。
目標には近づいてきましたか?
山本: 上手くなってきていると思う。
歌は20%は近付いてきた気がします(笑)あと80%は頑張らないと…!
いつかセリーヌディオンの『ビコーズ ユー ラヴドゥミー』を弾き歌いしてみたいです。
音符も基礎から勉強したので大変でした。
今も考える時がありますが、コツコツ覚えていくしかないです。
超高音域のホイッスルボイスをしっかり出せるように、もっと頑張ります!!
高橋: 小林さんの目標の曲は何ですか?
小林: 『ラヴィン ユー』をオリジナルキーで歌いたいですね。
先生と出会って間もなくの頃「この音域を男性が歌うことは普通に考えると無理ですね」と言われました。(笑)
高橋: 確かに言いました(笑)でも、今は確実に近付いて来ていますよね。
私の知る人の中では最も広い声域を持っていると思います。
お二人に日頃の練習で心掛けていることをお聞きします。
山本: リズムと音程を忠実に。
自分の歌を録音して聴き返したり、レッスンで過去に歌った歌をもう一度歌い以前との違いや、苦手だったところが克服出来ているかなどを聴いてもらい、過去の自分とも比べています。
小林: 精神的なことでは、どんなことでも「無理だ!」とあきらめないことです。
あとは時間の許せる限り練習(本番を含む)を繰り返して、経験を多くつむことです。
高橋: お二人とも仕事もあり忙しい中、発表会・スプリングコンサート・クリスマスコンサート・ライヴ活動など年間100回ほどのステージをこなされていますが、心がけていることは何ですか?
小林・山本: 老若男女問わず聞いてもらったら、優しい気持ちになる音楽を心がけて演奏しています。
発表会・スプリングコンサート・クリスマスコンサートにはほぼ出演していますので、ご興味のあるかたはお声お掛けくださいね(^^)v
高橋: 日曜朝から楽しくレッスンをしています。
これからの活躍を更に期待しています。

 
ハーモニー131号
山田洸太さん 愛知川センター教室 ピアノ 
今回は入会されて約半年の大人の生徒さんです。

松本麻理子先生:
(以下、松本)
山田さんは7月に入会されたばかりですが、ピティナ・ステップ参加マイカルクリスマスコンサート参加…と、とても前向きに頑張っておられます。
ピアノを始めたきっかけは何ですか?
山田: もともとギターや歌が好きだったのですが、『音楽』というものを基礎から楽しんでみたいと思い、ピアノは音楽をしていく上で譜読みだったりリズム感だったり、そういった基礎が身に付く楽器だと思い、始めました。
また、子どもとピアノを通じて歌ったり踊ったりして一緒に楽しめたらいいなと思ったのも、もう一つのきっかけです。
松本: 何事も基礎は大切ですね。
お父さんの演奏に子供さんも喜んでおられることでしょう。
ピティナ・ステップに参加した感想をお願いします。
山田: 初めての大舞台で、まさか自分が4ヶ月で出られるとは思ってもいなかったんですが、人前で弾けるチャンスだと思い、当日は緊張で頭が真っ白になってしまいましたが、『合格』がもらえ、すごく自信がつき、ピアノを弾いている自分が好きになりました。
松本: 自分を好きになれるって素敵ですね。今後、どのような曲を弾いてみたいですか?
山田: 次のピティナ・ピアノステップでは基礎レベルを目指し、どんどん上達していろいろなレパートリーを増やしていきたいです。
松本: 毎回のレッスンでは、ピアノの話で盛り上がっています。これからも楽しみながら、レベルアップを目指し、頑張りましょう!

 
ハーモニー130号
河野一広さん 八幡センター教室 ピアノ 
今回は長年続けておられる大人の生徒さ んです。

濱田先生
(以下、濱田)
河野さんはお仕事をされながら毎年発表会に参加され、大変がんばっておられます。
最初に、ピアノを習おうと思ったきっかけを教えて下さい。
河野: 中学生の時に、ベートーヴェンの『エリーゼのために』を聴いてものすごく感動して、どうしても自分で弾きたくてピアノを習おうと思いました。
濱田: みなさんが憧れる1曲ですね。
今、レッスンで弾かれている曲も憧れの曲でしたね。
河野: 今やっている曲は、リチャード・クレイダーマンの『渚のアデリーヌ』です。
この曲も中学生の時に初めて聴いて、こんなに美しい曲があるのか〜、と感動して、カセットテープが擦り切れてしまうぐらい何度も何度も聴いていた曲です。
来年のTMAミュージックフェスティバルで弾こうと思い、練習中です。
濱田: もう来年に向けて、がんばっておられますね。
今後、もっと弾きたい曲はありますか?
河野: いつか、ショパンの『子犬のワルツ』を弾きたいと思い、今、指が早くなめらかに動くように練習中です。
他に、ショパンの曲で、ワルツ第2番『華麗なる大円舞曲』と『ノクターン第3番ロ長調作品9−3』も弾いてみたいと思います。
濱田: 毎回のレッスンでは、色んな音楽の話ができて楽しみです。
基礎の力もつけながら、さらに色んな曲が弾けるように頑張りましょう!

 
ハーモニー129号
徳利雪乃さん(小4) 八幡センター教室 ピアノ 
今回は『PTNA・ピアノステップ』に向けて頑張っている生徒さんです。

波瀬川先生
(以下、波瀬川)
PTNA・ピアノステップには、昨年初めて参加した雪乃ちゃん。今年は一歩進んで“基礎5”にチャレンジです。弾く曲を教えて下さい。
徳利: 課題曲に『ブーレ(ヘンデル)』、自由曲に『森の妖精(ギロック)』を弾きます。
波瀬川: この曲の中で、一番お気に入りな部分は?
徳利: 細かい音符でなめらかに弾けるところが、すごく気に入ってます。
波瀬川: 本番ではどのような演奏を目指しますか?
徳利: 自分も楽しめる、私らしい演奏がしたいです。
波瀬川: とても感受性が豊かで、いつもイメージを大切に弾いてくれる雪乃ちゃん。これからも、色々なステージを通して成長していってほしいと思います。

 
ハーモニー128号
徳永佳月さん(小4)・育花さん(年長) マイカル教室 ピアノ 
中山愛先生
(以下、中山)
いつも姉妹で仲良くレッスンに来てくれる、佳月ちゃんと育花ちゃん。
ふたりとも発表会を目標に、頑張っているところですが、曲目を教えてくさい。
佳月: 今年は自分で曲を選びました。
「星に願いを」を演奏します。
お父さんが弾いているのを聴いて、よい曲なのでチャレンジしてみたいと思いました。
中山: どんどん積極的な姿勢で臨めるようになってきましたね。
今年の演奏の目標は?
佳月: 詰まらないで通すことと、優しい音色が出せるようになることです。
中山: 昨年10月にピアノを始めた育花ちゃんにとっては、初めての発表会ですね。
育花: 大好きな「チューリップ」を弾きます。
お姉ちゃんと一緒なので、楽しくがんばれそうです。
中山: ふたりとも、これからもその素敵な笑顔で、色んな音楽に出会っていきましょうね。
発表会まであと少し、一緒に頑張りましょう。

 

ハーモニー127号
植西彩子さん(小5) 下田教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5才からです。
Q: ピアノを習おうと思ったきっかけは?
A: 音楽が好きなので、ピアノが弾けたらいいなぁと思ったからです。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: いろんな曲を弾いてみたいですが、最近は嵐が好きなので、嵐の曲を弾いてみたいです。
Q: 好きな曲は?
A: 嵐の「キミはムテキ」と、ヘイセイジャンプの「瞳のスクリーン」が好きです。
Q: 目標は何ですか?
A: グレードテストを頑張る事と、発表会に向けて「truth」を練習しているので、最後まで上手に弾けるように頑張りたいです。

先生から
ピアノの他にジュニアバンドでホルンも頑張っている彩ちゃん。これからもいろんな楽器で、いろんな音楽を楽しんでくれたらいいなと思っています。7月の発表会にむけて練習 を頑張っていこうね!
(筒木真理先生より)
 

ハーモニー126号
林久美子さん(高2) 篠原教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 幼稚園の年長からです。
Q: ピアノを習おうと思ったきっかけは?
A: 友達が習っていて、楽しそうに思えたからです。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: 今までポピュラー曲・アニメソングをよく弾いてきたので、今度は有名なクラッシックの曲を弾いてみたいです。
Q: 好きな曲は?
A: 「渚のアデリーヌ」です。昔、父がこの曲のCDを持っていて、初めて聴いた時にきれいだなと気に入ったのを覚えています。
Q: 目標は何ですか?
A: レパートリーを増やす事です。自分の好きな曲だけではなく、色んなジャンルの曲に挑戦して、たくさん弾けるように努力していきたいです。

先生から
高校生にもなると何かと忙しくなる毎日の中、頑張ってレッスンに通ってくれてとても嬉しく思います。今、取り組んでる曲、絶対成功させようネ!
(今宿美幸先生)
 

ハーモニー125号
木田優希さん(小3) 下田教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5才からです。
Q: ピアノを習おうと思ったきっかけは?
A: お母さんがピアノを弾けたので、やってみたいと思いました。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: アニメの曲です。
Q: 好きな曲は?
A: 「ハイ・タッチ」です。
Q: 目標は何ですか?
A: いろいろな曲を上手に弾けるようになりたいです。

先生から
いつもスポ少を終えて、急いでレッスンに来てくれる優希ちゃん。疲れも見せずに元気よくピアノを弾いている優希ちゃんを見て、すごいな〜と感心しています。これからも、発表会やグレードテストに参加して、難しい曲が弾けるように頑張っていこうね!
(筒木真理先生)
 

ハーモニー124号
山谷 直輝さん(小6) 日野平和堂教室 ドリマトーン 
Q:
いつからドリマトーンをはじめましたか?
A: 小学校1年生の春からです。
Q: ドリマトーンを習おうと思ったきっかけは?
A: TVのCMを見てかっこいいなと思い、やってみたいなと思ったからです。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: ディズニーの曲です。
Q: 好きな曲は?
A: 「世界に一つだけの花」です。
Q: 目標は何ですか?
A: いろいろな曲が弾けるようになりたいです。

先生から
最近では、コンサートやグレードテスト、そして発表会と、大きな目標を持ってレッスンに取り組めるようになりましたね。毎回難しい曲にチャレンジし、大きくステップアップできていると思います。これからもいろいろな曲が弾けるように、かっこいいプレーヤーを目指して頑張っていきましょう!!
(古株亜津紗先生)
 

ハーモニー123号
角田 心愛さん(小1) 米原平和堂教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5才の6月からです。
Q: ピアノをを習おうと思ったきっかけは?
A: お父さんに勧められました。家にピアノがあって、弾けたら楽しいだろうなぁと思って始めました。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: 「ロンドン橋」です。
Q: 好きな曲は?
A: サウンドツリー2の「森のポルカ」です。
Q: 目標は何ですか?
A: 先生のように、両手で上手く弾けるようになりたいです。早く次の"サウンドツリー3"の本 にステップアップできるように、たくさん練習して頑張ります。

先生から
「よろしくお願いします」「ありがとうございました」を保育園の時からおじぎもしてきちんとご挨拶してくれる、レッスンの30分間もいつも一生懸命頑張れる心愛ちゃん。先生はいつも凄いなぁと、嬉しく思っています。これからも、どんどんいろんな曲にチャレンジしていこうね!
(阿部充希先生)
 

ハーモニー122号
中村 歩加さん(小3) アルプラ近江八幡教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 3才からです。
Q: ピアノをを習おうと思ったきっかけは?
A: お母さんから「習ったら?」と言われて習いました。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: 「エリーゼのために」です。
Q: 好きな曲は?
A: 発表会で弾いた「大きな古時計」です。
Q: 目標は何ですか?
A: 難しい曲にチャレンジして間違えずに弾けるようになることです。

先生から
最初は小さくてかわいい歩加ちゃんでしたが、今は発表会、グレードテストと堂々と、しっかり弾けるようになりました。この調子でがんばろうね。
(神山恭子先生)
 

ハーモニー121号
伊藤 倫さん(小4)、芽衣さん(小1) 愛知川センター教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 倫:2年生からです。
芽:1年生からです。
Q: ピアノをを習おうと思ったきっかけは?
A:

倫:お姉ちゃんもやっていたから私もやろうかなと思いました。

芽:二人のお姉ちゃんが習っていたからです。

Q: 弾いてみたい曲は?
A: 倫:「いつも何度でも」です。
芽:「ちいさなおにわ」です。
Q: 二人の目標は?
A:

倫:先生みたいに曲が上手に弾けるようになりたいです。

芽:お姉ちゃんみたいに上手に弾きたいです。


先生から
いつも仲良しの凜ちゃんと芽依ちゃん。がんばり屋さんの二人なのでこれからが楽しみです。いろんな曲を一緒に挑戦しましょうね。
(溝田あゆち先生)
 

ハーモニー120号
戸田 奈々美さん(4才) 遥香さん(小1) 下里教室 ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 奈:4才からです。
遥:3才からです。
Q: ピアノをを習おうと思ったきっかけは?
A: 奈:お姉ちゃんを見て、私も習いたいなぁと思いました。
遥:お母さんに「習ってみたら?」と言われて始めてみようと思いました。
Q: 弾いてみたい曲は?
A: 奈:「大きな栗の木の下で」を両手でジャンジャン弾きたいです。
遥:「さんぽ」と「となりのトトロ」が弾きたいです。
Q: 二人の目標は?
A: 奈&遥:グレードテストを受けていって、賞状が10枚もらえるように頑張りたいです。

先生から
いつも一生懸命練習してきてくれる奈々ちゃんとはるちゃん。これからも色んな曲がたくさん弾けるように一緒にがんばろうね。
(小原ゆかり先生)
 

ハーモニー119号
折田 実くん(小5) 直くん(小5) 愛知川センター教室・英語 
Q:
いつから英語をはじめましたか?
A: 実&直:小学校1年生からです
Q: 英語を始めたきっかけは?
A: 実&直:ピアノと一緒に始めました。
Q: 英語を習っていて良かったと思う事は?
A: 実:学校の授業でもしゃべれることです。
直:ハロウィンやクリスマスレッスンがある事です。
Q: 自分の英語力を活かして、やってみたい事は?
A: 実&直:2人一緒に海外に行って、実際に外国人と会話をしてみたいです。

先生から
いつも仲良く教え合い、時には良きライバルとして積極的にレッスンに参加してくれる実くん、直くん。2人の英語力には毎回ビックリさせられています。これからも楽しいレッスンをたくさんして、さらに英語力UPしていこうね!!
(古川真奈美先生)
 

ハーモニー118号
松元美優さん(小1) 愛知川センター教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5歳からです。
Q: ピアノを始めたきっかけは?
A: お母さんがピアノを習っていたので、私も習いたいと思いました。
Q: お気に入りの曲は何ですか?
A: 『となりのトトロ』と『カントリーロード』です。
Q: ピアノを習って「良かった」事は?
A: 発表会で大きなグランドピアノが弾ける事です。今年の発表会でみんなに喜んでもらえる演奏がしたいです!
Q: かなえたい夢は?
A: 虹色のピアノが弾きたいなぁ。

先生から
美優ちゃんの笑顔からいつも元気をもらっています。色々な音楽との出会いを大切にして、これからも楽しく一緒にピアノを弾いていこうネ。
(波瀬川沙織先生)
 

ハーモニー117号
多喜千紘さん(小4) 愛知川センター教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5歳です。
Q: ピアノを始めたきっかけは?
A: いとこのお姉ちゃんが上手に弾いていたので私も上手に弾きたいと思いました。
Q: 弾いてみたい曲は何ですか?
A: 『エリーゼのために』です。
Q: その曲を弾きたい理由は?
A: 『エリーゼのために』は、キレイな曲で初めて聴いた時から弾きたいと思ったからです。

先生から
笑顔が素敵な千紘ちゃん。レッスンでもいつもニコニコ顔ですね。なんだか私もうれしい気持ちになります。いつか『エリーゼのために』を発表会で弾けるように一緒に頑張りましょう。
(松本真理子先生)
 

ハーモニー116号
鈴木理奈さん(小3)・亮太くん(年長) 老蘇教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 理奈:5歳です。  
亮太:4歳です。
Q: 1番好きな曲は?
A: 理奈:大塚愛の『さくらんぼ』『ピーチ』です。
亮太:『恐竜キング』です。
Q: ピアノを習っていて良かったことは?
A: 理奈:学校の音楽でスラスラ弾けたことと、ドリルのテストがスラスラ出来たことと、色んな曲を知ったことです。
亮太:教室に行って楽しいことです。
Q: 弾いてみたい曲は何ですか?
A:  理奈:『ピーチ』『さくらんぼ』
亮太:『恐竜キング』

先生から
いつも仲良く姉弟そろってレッスンに来てくれる里奈ちゃんと亮太くん。
クリスマスコンサートでは上手に弾けましたね。
『ピーチ』や『恐竜キング』が弾けるように今年も頑張って練習しましょうね☆
(菊野知恵先生)
 

ハーモニー115号
井上怜楽(レイラ)さん(小1) 老蘇教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 5歳の時です。
Q: 習いはじめたきっかけは?
A: お姉ちゃんが習っていたから私も習いたいと思いました。
Q: 好きな曲は何ですか?
A: サウンドツリー1の『れんしゅうきょく1』と『メリーさんのひつじ』です。

先生から
いつも元気いっぱい、笑顔のステキな怜楽ちゃん。
今年は発表会にも出演し2曲も演奏しましたね。『きらきら星』は両手でチャレンジし、とても難しかったと思いますが、頑張って練習して上手に演奏することができました。今は音符もしっかり読めるようになり練習曲も難しくなりました。これからも楽しくレッスンして、色んな曲が弾けるように頑張りましょうね♪
(菊野知恵先生)
 

ハーモニー114号
小西なつみさん(小6) 信楽雲井教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 小学2年生のときからです。
Q: 習っていて良かったことは?
A: ピアノが弾けるようになったことです。
Q: 好きな曲は?
A: 大塚愛の『PEACH』です。
Q: 目標はありますか?
A: もっといろんな曲が弾けるようになりたい。
Q: 今夢中になっていることは?
A: 音楽を聞くことです。

先生から
いつも元気にレッスンに来てくれるなつみちゃん。テキストが進んで難しい曲も弾けるようになってきたね。譜読みのスピードも速くなりました。これからも色んな曲に挑戦して楽しくレッスンしましょうね♪
(大原麻衣先生)
 

ハーモニー113号
西川 輝くん(小2) 八幡センター教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 幼稚園の年中(4歳)からです。
Q: 習っていて良かったことは?
A: 暗譜で弾けることです。
Q: 好きな曲は?
A: 『さんぽ』です。
Q: これから弾きたい曲は?
A: 「プリン」でおじゃるです。
Q: 目標はありますか?
A: 間違えないように弾きたいです。
Q: 今夢中になっていることは?
A: 『さんぽ』を1オクターヴ上げて弾くことです。
Q: ピアノを弾いていて難しいと思うところは?
A: 長い曲と、音が跳ぶ時に手をいっぱい広げないといけないところです。

先生から
毎週元気にレッスンに来てくれる輝くん。今は発表会の曲を頑張って練習しています。練習曲が長く、難しくなってきましたね。これからも色んな曲にチャレンジして楽しくレッスンしましょうね。
(菊野知恵先生)
 

ハーモニー112号
北田彩乃さん (高2) 東近江小脇教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノをはじめましたか?
A: 小学校1年生です。
Q: 習っていて良かったことは?
A: 聴いたことのある有名な曲や好きな 曲が自分で弾けることです。
Q: 好きな曲は?
A: シチリアーノです。
Q: これから弾きたい曲は?
A: ショパンの幻想即興曲です。
Q: 目標はありますか?
A: ピティナなどのコンクールに出演し、賞をもらうことです。
Q: 今夢中になっていることは?
A: ピアノを弾くことです。
Q: ピアノを弾いていて難しいと思うところは?
A: 速い曲で指がまわらないことです。

先生から
高校生になって部活に勉強に大忙しの彩乃ちゃん。上手に両立してピアノを続けています。「この曲をどんな風に弾きたいか」という考えをしっかり持っているので、レッスンでは驚かされることも。今年も目標目指してがんばろうね。
(田中有里加先生)
 

ハーモニー111号
井上さくらさん 小2(右) ・ みさきさん 幼稚園(左) 守山平和堂教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノを習っていますか?
A:

さくら/幼稚園年長組です(6才)
みさき/幼稚園年少組です(4才)

Q: ピアノを習っていて良かったと思うことは?
A:

さくら/むずかしい曲がいっぱいひけるように
なったことです。
みさき/すきな曲がひけるようになったことです。

Q: 好きな曲はありますか?
A:

さくら/きらりん★レボリュー^ション 恋☆かな。
みさき/きらりん★レボリュー^ション 恋☆かな。

Q: これからの目標は?
A:

さくら/もっとむずかしい曲をひきたいです。
みさき/もっと上手になりたいです。

Q: 今、夢中になっていることは?
A:

さくら/絵をかくことマンガ
みさき/お絵かきをすること


先生から
いつもカワイイ絵やお手紙、たくさんかいてくれてありがとう。大切にしています。最近、ミュージックフェスティバルやミニコンサートなどの舞台に出演するたび、いろいろな曲にチャレンジして、本当に先生もこれからが楽しみです。今の調子でどんどんピアノを楽しんで弾いてください。
(今井美保子先生)
 

ハーモニー110号
河部和奏さん(愛知川小3年) 長野教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノを習っていますか?
A: 保育園の年長組からです。
Q: ピアノを習っていて良かったと思うことは?
A: 上手に弾けるようになったことです。
Q: 好きな曲はありますか?
A: きらりん・レボリューションの歌です。
Q: これからの目標は?
A: もっとうまくなりたい!
Q: 今、夢中になっていることは?
A: きらレボのグッズ集めです。

先生から
ピアノ大好き♪と言ってくれるわかなちゃん。お手紙もとてもうれしかったよ。ありがとう。サウンドツリーも順調に進んで、これからも楽しくおけいこしていきましょうね!本当に上手になってきたね。
(米澤淳子先生)
 

ハーモニー109号
辻 愛莉さん(雲井保育園年長) 信楽雲井教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノを始ましたか?きっかけは?
A: 4さいからはじめました。きっかけは、ピアノをひいてみたかったからです。
Q: 習っていてよかったと思うことは何ですか?
A: かんたんな曲がひけるようになったことです。
Q: 思い出にのこる曲はありますか?
A: 発表会でえんそうした「みんなでマーチ」と「わらの中のしちめんちょう」です。
Q: どんな曲がひけるようになりたいですか?
A: 「ルージュの伝言」です。
Q: これからの目標は?
A: もっといろんな曲をれんしゅうして上手にひけるようになりたいです。

先生から
いつもすてきな笑顔でレッスンに来てくれる愛莉ちゃん。今年は初めての発表会でとってもきんちょうしたけど、一生けんめい上手にひけました。これからも楽しんでいろいろな曲をひいていきましょう。
(大原麻衣先生)
 
ハーモニー108号
田中いずみさん(能登川北小3年) JA能登川教室・ピアノ 
Q:
いつからピアノを始めましたか?きっかけは?
A: 6歳から始めました。きっかけはまわりの友達が習っていて、私も弾けるようになりたいと思ったからです。
Q: 習っていてよかったと思うことは何ですか?
A: 今まで知らなかった曲が弾けるようになったことです。
Q: 思い出に残る曲は何ですか?
A: ジングルベルです。すごく難しかったのでたくさん練習しました。
Q: これから弾いてみたい曲は?
A: モーツァルトのトルコ行進曲です。
Q: これからの目標は何ですか?
A: もうすぐ発表会なので、毎日たくさん練習をして上手に弾けるようになりたいです。

先生から
いつも元気いっぱいでレッスンに来てくれるいずみちゃん。これからもいろいろな曲にチャレンジして楽しくピアノを弾いていこうね。
(西澤晶子先生)
 

ハーモニー107号
小西とみ子さん 石部平和堂教室・ピアノ 
Q:
いつから始められましたか?
A: 2005年の4月からです。
Q: 習おうと思ったきっかけは?
A: 会社を退職してこれから何をしようかと考えたとこ  ろ、今まで夢であったピアノを弾いてみたいという  気持ちと、指を動かすということが老化防止になればと思って決めました。
Q: 習って良かったことは?
A: 生活に張りが出来ましたし、新しいページに進んでいくことへのうれしさを、この年になって再経験出来ました。
Q: 習って大変な(難しい)ことは?
A: なかなか指が思うように動いてくれないことです。
Q: 目標はありますか?
A: 鍵盤をたたいて音を出すだけでなく、曲として楽しく弾けるようにと思っています。
Q: どんな曲が弾きたいですか?
A: レベルも少しずつアップさせ、「エリーゼのために」等の名曲にもチャレンジしていきたいです。

先生から
「ピアノが楽しくてしょうがないんです!」と、輝くような笑顔でレッスンに来られる小西さんを見ていると、私の方もうれしくなってしまいます。バイエルからブルグミュラーのレベルへ進まれましたね。この夏の発表会に向けて、これからも生き生きとピアノを楽しんでください。
(森田宜代先生)
 

ハーモニー105号
奥山菜那さん(桐原東小3年) 八幡センター教室・ピアノ 
Q:
いつから始めましたか?
A: 保育園の5歳ぐらいから。
Q: 習おうと思ったきっかけは?
A: ピアノが弾けたら楽しそうだからです。
Q: 習って良かったことは?
A: 楽しい曲がいっぱい弾けるようになったこと。
Q: 習って大変なことは?
A: 今の曲です。(・・・むずかしいからだそうです)
Q: これからの目標は?
A: むずかしい曲が弾けるようになりたいです。
Q: つぎに弾いてみたい曲は?
A: 「世界って広いわ」です。
 

ハーモニー104号
寺田未旺さん(稲枝東小学校2年) みづほ保育園 教室・ピアノ 
莉子ちゃん(左) 奈々ちゃん(中) 
未旺ちゃん(右)
Q:
いつから習い始めましたか?
A: 平成16年4月からです。
Q: 習おうと思ったきっかけは?
A: 楽しそうだったからです。
Q: 習って良かったことは?
A: 先生に会えたことです。
Q: 習って大変な(難しい)ことは?
A: 指番号を間違えずに弾くことです。
Q: これからの目標は?
A: 上手に弾けるようになりたいです。
Q: これから弾いてみたい曲は?
A: 「大きな古時計」

先生から
未旺ちゃん、コメントありがとう!!いつもかわいい笑顔に、元気なあいさつをそえてレッスンに来てくれます。みんな頑張っています。莉子ちゃん!奈々ちゃん!未旺ちゃん!これからも楽しくいっしょにピアノのお勉強していこうね!!
(上田亜里沙先生)
 

ハーモニー103号
柴田幸子さん(八幡小学校6年) ダイエー教室・ピアノ 
Q:
いつから習い始めましたか?
A: 1年生の時からです。
Q: 習い始めたっきかけは何ですか?
A: 友達がピアノを弾いているのを見て、自分もしたいなぁと思いました。
Q: 習っていてよかったことは?
A: 先生にほめられたことです。
Q: 習っていて難しかったことは?
A: 難しいと思ったことはありません。
Q: これからどんな曲をしたいですか?
A: 久石譲の曲が好きなので、いろんな曲を弾きたいです。

先生から
発表会やグレードテスト、いつも目標に向かってがんばっている幸子ちゃん。これからもたくさん弾いて、どんどん先へ進んでいきましょう。
(大前佳織先生)
 

ハーモニー102号
前川有希穂さん(桐原東小学校1年) 八幡センター教室  
Q:
いつからはじめましたか?
A: ようち園のねんしょう組からです。ならいはじめてから2年半になります。
Q: 今、何を練習していますか?
A: 「チューリップ」と「おもいで」がりょう手でひけるようにがんばっています。
Q: おけいこでどんな時がたのしいですか?
A: うたをうたったり、ピアノをひくのもたのしいけれど音あてゲームが一番たのしいし、大すきです。
Q: すきな曲はありますか?
A: 「キロロ」と「涙そうそう」がすきです。発表会ではキロロの曲をひいてみたいです。
Q: 目標はありますか?
A: 新しい曲のページをめくるとワクワクします。早く上手にひけるようにがんばりたいです。

先生から
いつもお家でしっかり練習してくるがんばり屋のゆきほちゃん。 今年も、グレードや発表会にと色々なことにちょうせんしてくださいね!おうえんしています。
(中村慶子先生)
 

ハーモニー101号
坂木 葵さん (小5・レッスン歴8年目) HEIWADO守山教室  
 学校の勉強との両立が難しいですが、好きな曲がたくさん弾けるようになって大変よかったです。 これからも名曲にどんどんチャレンジしていきたいと思います。

先生から
いつもがんばり屋のあおいちゃん。これからも色々な難曲にチャレンジしてレパートリーを広げていってください。
(今井美保子先生)
 

ハーモニー100号
がんばってま〜す!特集  
100号記念 がんばってま〜す!特集です。
主な質問内容は、●いつから始めたか? ●習おうと思ったきっかけは? ●よかったことは? ●大変なことは? ●これからの目標? などの中から答えていただきました。

川嶋千景さん(小4) (秦川愛児園教室・川上先生)
   
習っていて良かった事は、いろいろな曲が弾けるようになった事です。
今は習っていて大変な事はとくにありません。
保育園の頃から習い始め、今ではいろいろな曲を弾けるようになってきてうれしいです。これからは「トルコ行進曲」や「渚のアデリーヌ」のような難しい曲に挑戦して、すらすら弾けるようにがんばりたいです。



山内香菜さん(小6) (愛知川センター教室・
竹下先生)
   
幼稚園の年少から始めました。
きっかけは、ピアノが楽しそうだなぁと思って始めたのと、 音符が読めるようになって、いろいろな曲を弾けるようになりたいと思ったからです。
楽譜が読めるようになったことと、いろいろな曲が弾けるようになって大変楽しいです。



唐土 宏さん
(大人のピアノ)
(守山平和堂教室・安井先生)
   
守山平和堂教室で「お父さんのピアノ」(大人のピアノ)を習っている唐土です。本職は歌で、プロの先生にソロを勉強し、合唱団でコーラスをしています。ピアノを習うことで、音程がより確かになりつつあります。夢は弾き語りで歌うこと。そして、プッチーニの「私のお父さん」を伴奏してあげることかな。



森安也佳さん(小5) (能登川JA教室・小原先生)
   
全然弾けなかったピアノが、だんだん上手になって弾けるようになって、習っていてほんとに良かったと思います。
他にも習い事がたくさんあって、あまり練習する時間がない事が大変です。
これからの目標は、もっともっと上手になって、将来、先生のようになれたらいいなと思っています。



瀧友里恵さん(小6) (稲枝高井教室・米澤先生)
   
良かったことは、「すきないろんな曲がピアノで弾ける!!」「クラシックとかアニメとか。」
習っていて大変なことは・・・?「特にない!」「ウソ〜?!(笑)」《先生》 「覚えるのが大変かな。」
これからの目標としては、もっとたくさんの曲を弾けるようにしていきたい。

先生から
発表会ではチャイコフスキー、ベートーベン。そして、グレードテスト。何にでも積極的に参加してくれる友里恵ちゃんです。これからの成長が楽しみです!
(米澤先生)



古川由佳さん (篠原教室・今宿先生)
   
ピアノを習っていて良かった事は、難曲にチャレンジして弾けた時の充実感と、自分の成長が自分でわかる事です。
習っていて大変な事は、時間的に余裕がなく練習が追いつかなくなる事です。
これからの目標としては、指運びが軽やかになるようになりたいと思っています。



米田百子さん(大3) (ダイエー教室・築山先生)
   
ドラマや映画のテーマソングで、きれいな曲や気に入った曲を自分で弾いて楽しむことができるし。保育士をめざしているので、ちいさい頃よりピアノを習ってきて大変良かった。
高校受験や大学受験の時など、勉強との両立が大変でした。今は家から教室まで90分くらいかかるので通うのが大変ですが、小学生の時から習っている先生のレッスンを受けたくて通い続けています。また、演奏においてはタッチが弱いので、激しい曲や強弱をはっきりつける曲の時はいつも苦戦しています。
まずは(もうすぐやってくる)4級のグレードテストに合格すること。そして、保育士資格の取得と、子供たちとふれあうときに、いつもなにか聞かせてあげられるようレパートリーを増やすことです。



中村三那子さん
(小4)
(愛知川センター教室・
竹下先生)
   
1年生から始めました。
お父さんがピアノを買ってくれました。練習していると楽しそうなので、上手にひけるようになりたくなりました。
友だちができたり、学校の音楽会でピアノ係に選ばれたりしたことがよかったです。



峯 美紀さん
(大人のピアノ)
(ダイエー教室・大前先生)
   
習っていて良かったことは、練習している曲が弾けた時の 達成感があるところです。
習っていて大変なことは、少し進んでくると指使いが難しくなって思うように弾ひけないことです。また、ある程度曲が弾けるようになってくると、新たな課題ができて奥が深いところが難しいですネ。
今はグレードテストに向けてがんばっています。
 

ハーモニー99号
小林祐未子さん (桐原東小学校3年) 八幡センター教室・ピアノ  
Q:
いつからはじめましたか?
A: 幼稚園の小さい組の途中からです。
Q: なぜ習おうと思いましたか?
A: お兄ちゃんが習っていて私も行きたくなりました。
Q: 習っていて良かったことは何ですか?
A: 曲が上手に弾けるようになってきたのがうれしいです。
Q: 習っていて大変なことはありますか?
A: 発表会の前は、練習する曲が増えるので大変です。
Q: これからの目標は何ですか?
A: もっと難しいいろんな曲を、弾けるようになりたい。
Q: 特に弾いてみたい曲はありますか?
A: お母さんの楽譜にのっていたベートーヴェンの「エリーゼのために」を、お母さんに少しだけ教えてもらったけど、それが最後まですらすら弾けるようになりたい。

先生から
いつも一生懸命練習してくる祐未子ちゃんなので、つい宿題をがんばって出しています。これからも一緒にがんばろうね!
(久郷亜紀子先生)
 

ハーモニー98号
【み】林 美里さん (中2)・【あ】杏奈さん (中2) 八幡センター教室・ピアノ  
姉妹でがんばってまーす!
Q:
いつから始めましたか?
A: 【み】【あ】小学校に入学した時からです。
Q: なぜ習おうと思いましたか?
A: 【み】色んな曲を弾いてみたかったからです。
【あ】音符が読めるようになるのと、自分の特技をみつけたかったからです。
Q: ピアノを習ってよかったことは何ですか?
A: 【み】中学の吹奏楽部で色んなことに役だって良かったです。
【あ】色んな曲が弾けるようになってよかったです。
Q: ピアノを習っていて難しいことは何ですか?
A: 【み】ヘ音記号を覚えるのに苦労しました。
【あ】指回しや臨時記号を覚えるのが難しかったです。
Q: これからの目標は?
A: 【み】グレードテスト5級合格に向けてがんばりたいです。
【あ】もっと指回しがきれいになって、難しい曲を弾きたいです。
Q: これから弾いてみたい曲は?
A: 【み】とにかく色んな曲を弾いてみたいです。
【あ】とくべつ「これ!」というのはないのですが、いろんな名曲を弾いていきたいです。
Q: 思い出の曲は何ですか?
A: 【み】発表会で弾いた「トルコ行進曲」です。
【あ】初めて発表会に出たときの曲です。

先生から
2人とも一生懸命にレッスンをしてくれているので、ピアノの上達も早いです。これからもどんどん難しくなるけれど2人で刺激しあってがんばってください。
(宮崎智子先生)
 

ハーモニー97号
吉川友理 さん(6年) 柴岡教室・ボイストレーニング  
Q:いつからボイストレーニングを始めましたか?
A:昨年の3月ごろからです。
Q:始めたきっかけは?
A:宝塚歌劇を見て「わたしもこんなにきれいな声が出せたらいいなあ」と、思ったからです。
Q:他に習い事はありますか?
A:バレエやピアノやアート(絵)です。学習塾にも行っています
Q:ボイズトレーニングを習っていて良かった事は?
A:声がよく出る様になった事です。
Q:これからの目標は?
A:ボイストレーニングでアニーローリーを、先生みたいに上手に歌える様になる事です。
Q:思い出の曲は?
A:ドレミの歌の英語バージョンです。
Q:将来の夢は何ですか?
A:宝塚歌劇団の男役になる事です。
先生から
いろんな事に頑張る友理ちゃん、いつも輝いてるネ。宝ジェンヌになれる様に夢に向かってこれからも努力してね。応援しています。
(岩田有加里先生)
 

ハーモニー96号
中川千鶴 さん(中学1年生) 愛知川センター教室・フルート  
Q:いつから始めましたか?
A:中学1年生からです。
Q:なぜ、始めようと思いましたか?
A:中学に入り、部活のブラスバンド部を見学しました。以前より「フルートかっこいいナー・・?」と思っていたので、どうしてもやってみたくなりました。入部しましたが、部活では残念ながらトロンボーンになったので、家でフルートを買ってもらい習い始めました。
Q:フルートを習って良かったと思うことは?
A:今までずっとフルートが吹いてみたいと思っていたので、習うことができて大変よかったです。
Q:フルートを吹いて難しいと思うところはありますか?
A:高音がなかなか上手に鳴らせないところです。
Q:これからの目標は?
A:もっときれいな音で吹けるように練習していきたいです。
Q:今後吹きたい曲はありますか?
A:アニメのテーマ曲などです。
Q:思い出の曲は?
A:「世界に一つだけの花」です。
Q:その曲を選んだ理由は?
A:フルートで初めて吹いた曲なので、思い出に残っています。
先生から
家では、フルートと電子オルガンの練習。部活ではトロンボーンを吹いている千鶴ちゃん。色々な楽器が出来てすごいですね!! それぞれの楽器の音色を楽しんで、これからもおけいこ頑張ってくださいね。
(小川美奈子)
 

ハーモニー95号
野澤 正さん 八幡センター教室・ドリマトーン
Q:音楽の勉強(ドリマトーン)をどうして始めたのですか?
A:小さい頃から唄が好きで、母がよく“河岸の柳の行きずりに・・・”と、「十三夜」という唄を歌うのを聞いて育ちました。昭和25年に小学校へ入るから、雑音のよく入る木箱のラジオにしがみついて笠置シズ子・美空ひばりさんの唄、それに広沢虎造さんの浪曲を聞いて、真似をして歌っていました。小学生になって、春日八郎・三橋美智也・三波春夫、やがて思春期になって橋・舟木・西郷の元祖御三家、さらに成人して布施明・森山良子・西田佐知子・松山千春・長淵剛さんに熱中して過ごしました。小学生の頃、兄に買ってもらった木琴(シロホン)も十分弾けず、唄は好きでも楽器を弾くということからは、遠い状況のなかで育ちました。 そんななかで、いつか楽器を弾きたいという思いがあったのでしょう。29歳の時、電子オルガンを習いましたが、リズムに足がついてゆかず、1年ほどで頓挫。30歳代半ばで1年程ピアノを習って棒折れ。以後、何となくやり残したような思いが20年弱。50歳代半ばに、ある日、八日市市内の楽器屋さんで3万円の中古の電子オルガンを発見して購入。それからTMAの教室で習い始めて8年目、すでにも何台か買いかえて、今日に至っています。この4月、先生の手厚(!)い指導のお陰で『カワイ・ドリマトーン上級ステップT』に合格することができました。夢が切れてはつながり、長年の思い・怨念(?)が今、少し形になったのかな、というような気がします。
Q:音楽にかける今後の夢は?
A:今、私は60歳。この3月に高校教師を定年退職し、今年は講師のような形である高校に勤めています。今後の夢は、ボランティアでも、恥ずかしながら、下手な演奏でも誰かのお役に立てたらいいなぁと思ったり・・・また30数年、社会科の授業やクラブ、学級通信・学年だより・PTAだより・人権教育通信などの発行で、高校生にさまざまなメッセージを送ってきました。いま、音楽教室で作曲のことも習い始めています。高校生にもわが息子にも、冗談まじりに「これからの夢は、オールド・シンガー・ソングライターになることや!」「いつか、ストリート・ミュージックをして世間を驚かそうかな」と、言ったりしています。それに最近2歳半の孫(男の子)も、私の歌に合わせて手振りで応えてくれます。いつか、孫や娘夫婦や息子や妻と共演できればと思っています。
退職して、メッセージを送るチャンスもうんと減ります。音楽を通して、何か表現出来たら、伝えられたらと、厚かましい夢も持っています。「年寄りは黙って静かに」という偏見(かなり?)のような世間の風潮に、やや抵抗したがっている最近の私です。
先生から
野澤さんの夢のお手伝いが少しでもできれば幸かと思っています。これからも頑張ってください。
(上田亜里沙)
 

ハーモニー94号
清水里梨さん(野洲町・祇王小学校5年生) 祇王明照保育園教室・ピアノ
プログラムの絵・特賞受賞者
Q:いつからピアノを始めましたか?きっかけは?
A:6歳から始めました。きっかけは、母さんにすすめられたからです。
Q:発表会の絵で特賞をとられましたが、上手に絵を描くコツは?
A:細かいところまでていねいに描くことです。
Q:今年の発表会で何回出ましたか?
A:4回出ました。
Q:発表会の感想は?
A:ドキドキしたけど、曲を弾き終わるとホットしました。
Q:ピアノを習っていて良かったと思うことは?
A::むずかしい曲が上手に弾けたときです
Q:これからの目標は何ですか?
A:むずかしい曲に、いっぱいチャレンジすることです。
先生から
いつも妹の佑穂ちゃんと仲良くレッスンに来てくれる里梨ちゃん。がんばって練習している成果もあり、発表会ではとても上手に弾けましたね。これからも一緒にたくさんの曲にチャレンジしましょうね。
 

ハーモニー93号
矢田聖佳さん(彦根市・旭の森小学校) DenDenひこね教室・ピアノ
Q:いつからピアノを始めましたか?きっかけは?
A:4歳のとき時から始めました。きっかけは、音楽が好きでやってみたいと思ったからです。
Q:今、練習中の曲はなんですか?
A:ブルグミュラーの"バラード"です。
Q:今まで弾いた曲で、思い出に残る曲はありますか?理由は?
A:"アラベスク"です。聞いたことがあって、私もいつか弾いてみたいなあと思っていたからです。
Q:ピアノを習っていてよかったなと思うことは?
A:有名な曲や、自分の好きな曲をひけることです。ひけるようになると、とってもうれしいです。
Q:これからの目標は何ですか?
A:いろいろな曲にどんどんチャレンジして、自分のレパートリー曲増やすことです。
先生から
ピアノの他にも、ダンスや水泳、陸上をやっていて、たいへん忙しく活発な聖佳ちゃん。ピアノの曲もだんだん長く難しくなってきて、練習は大変ですが、その分すてきな曲にたくさん出会えると思うので、がんばって続けていってほしいと思います。
(若林初実)
 

ハーモニー92号
黄瀬啓太くん(近江八幡市・桐原東小学校4年生) 八幡センター教室・ピアノ
Q:ピアノを始めた時期、きっかけは?
A:5歳から。おばあちゃんに買ってもらったおもちゃのピアノを弾いているうちに、本物のピアノが習いたくなりました。
Q:今の練習曲は?
A:ブルグミュラーの「狩り」です。
Q:ピアノを習っていてよかったことは?
A:曲が仕上がってきれいに弾けたとき、うれしくなることです。
Q:ピアノを始めた時期、きっかけは?
A:5歳から。おばあちゃんに買ってもらったおもちゃのピアノを弾いているうちに、本物のピアノが習いたくなりました。
Q:今の練習曲は?
A:ブルグミュラーの「狩り」です。
Q:ピアノを習っていてよかったことは?
A:曲が仕上がってきれいに弾けたとき、うれしくなることです。
Q:発表会には何回でましたか?思い出に残っていることはありますか?
A:4回出ました。発表会で弾いた"めざせポケモンマスター"を学校で弾いたときに、アンコールを受けたことが思い出です。
Q:今後弾いてみたい曲はありますか?
A:"エリーゼのために"です。発表会で聴いて、きれいだったので弾いてみたいです。
Q:これからの目標は何ですか?
A:楽譜を見たらすぐその曲が弾けるようになることです。
先生から
いつも家でしっかり練習してきてくれます。学校でのことや自分のことなどいろいろお話もしてくれて、楽しくレッスンしています。高学年になるにつれて忙しくなっていくと思いますが、頑張って続けてほしいなと思っています。
(窪田真由美)
 

ハーモニー91号
小田恵実さん(近江八幡市・桐原東小学校1年生) 八幡センター教室・バイオリン・ピアノ

Q:いつからピアノを始めましたか?
A:1年生になった4月からです。パパとお姉ちゃんが習っていて、おもしろそうだったので始めました。
Q:バイオリンはいつから習っているのですか?
A:4歳のときにママと一緒に始めました。
Q:今練習している曲はなん何ですか?
A:ピアノは"てんとうむしてんとうむし"、バイオリンは"ちょうちょ"です。ピアノは週3回ぐらい、あとはバイオリンを練習しています。
Q:ピアノを弾いていてむずかしいと思うときは?
A:黒いけんばんを弾くときです。
Q:ピアノを弾いていて楽しいことは何ですか?
A:いろんな曲が弾けることです。
Q:去年は発表会に出ましたね。どうでしたか?
A:まちがってしまったけど、弾いているときはおもしろかったです。今年も出たいです。
Q:これからの目標は何ですか? 
A:家で父さんが聴いているような曲が弾けるようになりたいです。
先生から
いつも元気にレッスンに来てくれる恵実ちゃん。ピアノは始めたばかりですが、弾きたい曲が弾けるようになるまで一緒に頑張っていこうね!!
(佐藤亜紀子)